読書録

nikkogekko.exblog.jp

『蕪村句集講義』3巻  東洋文庫

 内藤鳴雪 正岡子規 高浜虚子 河東碧梧桐・ほか著  校注佐藤勝明


まず帯を紹介します。

1巻:冬之部・春之部
明治31年1月から鳴雪・子規・虚子・碧梧桐らは63回に及ぶ『蕪村句集』の輪講を行った。本書はその全記録である。彼らは蕪村をどう読んだか。  

2巻:夏之部
明治33年、子規の病状は重くなってゆく。だが、月々の『蕪村句集』は鳴雪・虚子・碧梧桐らが実施。子規もまた、その講義録に所感を寄せ続けた。  

3巻:秋之部 
明治34年4月に、5年の歳月を要して鳴雪らの『蕪村句集』輪講は完結。その前年の秋、子規は死の床にあってなお発言を続けた。子規が最後に伝えたことは何か。


1巻:出席者
石井露月・梅沢墨水・折井愚哉・河東碧梧桐・坂本四方太・佐藤肋骨・高浜虚子・竹村黄塔・竹村修竹・内藤鳴雪・正岡子規・松瀬靑々(50音順)。

2巻:出席者
河東碧梧桐・坂本四方太・佐藤紅緑・高浜虚子・内籐鳴雪・中村烏堂・正岡子規(50音順)。

3巻:出席者
河東碧梧桐・佐藤紅緑・高浜虚子・内籐鳴雪・正岡子規(50音順)


三巻・巻末に佐藤勝明の解説があります。
(以前レポートした『芭蕉全句集』角川ソフィア文庫の訳注も佐藤勝明でした!)

1 俳諧史の展開と蕪村
2 発句時代の到来と『蕪村句集』
3 『蕪村句集講義』の背景と意義

校注にあたっての参考文献7冊が紹介されています。


有名なエピソードとしては、春之部 286 〈帰る雁田ごとの月の曇る夜に〉
についての内籐鳴雪と正岡子規の約一時間に及ぶやりとりがあります。
この日の記録者は高浜虚子です。河東碧梧桐・竹村黄塔も出席しています。

虚子が〈帰る雁〉の句の表面的な意味と裏面の意味を言い、「田ごとの月」と詠む意図に善さを感じないと述べます。対して、鳴雪が「帰雁を惜しむあまりに月も曇るといふ主観的の趣に在り」と応えます。
そこへ、子規が「虚子氏の説に賛す。鳴雪氏の如き解釈は月並臭味ありと思ふ」と口火をきります。
 
虚子は「さては子規氏等には雁の別れを惜むといふ如き事に美感無きなるべし、との鳴雪氏の攻撃より、子規氏との間に殆ど一時間に陟れる長議論あり。移り移りて美の標準論となり、碧梧桐氏、虚子亦た鉾を鳴雪氏に向く。談余事に渉れば爰に略す」と記録しています。
雁の別れに美感を持たないとは・・・との言葉に激する若者3人です。
この時、鳴雪52歳、子規32歳、碧梧桐26歳、虚子は25歳でした。
 散会後、子規は家人から大先輩の鳴雪に対しての言動が不敬であり、礼を欠くものだと注意されます。「余、自ら殆ど夢中にて敬か不敬か一切知らず、即ち書を飛ばして罪を鳴雪翁に謝す」と述べ〈蕃椒広長舌をちゞめけり〉と詠んでいます。鳴雪は「斯道に当りて激論抗議は吾輩の常時、而して子規君の礼儀に厚き、書を寄せらるゝに至る、亦美徳、並び行はれて相戻らず。唯僕の病苦を察せず、興に任せて呶々したるは、自ら顧みて慙愧已むなし」と返します。
これに対して子規は「何ぞ敬と不敬とにあらんや、と。先生の胸中、光風霽月秋天一塵を留めず」と感想を述べています。

時に熱い議論を戦わす『蕪村句集講義』、蕪村の句の魅力を引き出すことだけにとどまらず、参加者の闊達な人柄や明治維新の風をこちらに吹かせてくれます。
[PR]
# by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2012-10-23 11:30

『蕪村余響 そののちいまだ年くれず』 藤田真一 岩波書店3800円

「はじめに」に「この本ではできるだけ生身に近いところで、蕪村について考えることを目標に置いた。いちばんの願いは、生きる蕪村に寄り添うこと、蕪村の生の声を聴く耳をもつこと、蕪村が生活する場面に足場をおくことにあった。そうした心構えを通じて、画・俳の作品の裏から光をあてて、これまでにない蕪村像を浮かび上がらせることができれば本望である」とあります。
これって、どこかで聞いたことがある・・・と思うようなうたい文句なのですが、内容はこの第一印象をみごとに裏切ってくれます。

目次は以下の通りです。
Ⅰ 暮らしの中で
Ⅱ 仲間とともに
Ⅲ 融通無碍の創意をのせて
Ⅳ 人生の終焉にむけて

本書は俳誌「紫薇」に掲載された30頁の原稿を10年かけて、書き改めたり、新しく書きくわえたりしたものです。表題は「紫薇」に掲載されたなかの一編のタイトルから、澁谷道が選んだものです。執筆中に『蕪村全集』全9巻(講談社)完結、作品の資料の発見・紹介が相次ぎ、そうした外的条件が気持ちを後押ししたと述べています。
「作品や資料を精読することを通じて、蕪村たちの活動の場に臨場感をもって迫ることも可能だという思いを強くするようになった。それは、俳諧の特殊性によるところが大きい。この文芸は、まずもって、ひとの出会いのなかで生まれる。そうした現場性というのが、他の文芸にない俳諧の特色といってよい」と述べ、「俳諧を研究対象として分析し考察することはむろんたいせつである」と大学の先生としての立場で説き、「しかし、また、こうした俳諧独特の特質を考慮することによって、座の現場に密着したところで、ともに俳諧を語ることが可能になるのではないか」とこちらに問いかけるかたちで、それを確信したことを匂わせています。

Ⅱ 仲間とともに・・・にでてくるスーパー隠居と呼ばれる人たちなどはほんとうにおもしろくて、魅力的です。スーパー隠居の一人、杜口の『翁草』全二百巻、「二百という巻数の膨大さは、特筆にあたいする」とありますが、明治39年に活字翻刻が出版され、ここから材を得て、森鴎外が『高瀬舟』を書きました。


Ⅲ 融通無碍の創意をのせて・・・の「季重なりのすすめ━みの虫の古巣に添ふて梅二輪」も読みごたえがあります。

表題のサブタイトルは〈芭蕉去りてそののちいまだ年くれず〉から引いたものです。これは松尾芭蕉の〈年暮れぬ笠来て草履はきながら〉『野ざらし紀行』を俳文「齢末ノ弁」で引きながら、詠じた一句です。

国文学者である作者には
『風呂で読む蕪村』    世界思想社 1997・12
『蕪村 俳諧遊心』    若草書房 1999・7 近世文学研究叢書
『蕪村』           岩波新書 2000・12
などの著作があります。
[PR]
# by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2012-09-20 10:55

『正岡子規』    ドナルド・キーン 角地幸男訳 新潮社 1800円

2011年1月より1年間「新潮」に掲載されたものです。
帯に俳句と短歌に革命をもたらした子規。西洋文明の衝撃により日本の伝統文化が危機に瀕するさなか、「ホトトギス」を創刊、「写生」という新たな手法で、俳句と短歌を改革し、国民的文芸にまで高めた子規。幼いときの火事体験から、最晩年の過酷な闘病生活まで丹念にたどる子規評伝の決定版。とあります。

一緒に読んだら面白いと思った本があります。
1冊めは『慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り  漱石・外骨・熊楠・露伴・子規・紅葉・緑雨とその時代』(新潮文庫 895円)という群像評伝です。著者の坪内裕三は「私は昔から、人の生まれた年だとか世代論に、とても興味を持っていたのだが、『亡命論者帰る』(マルカム・カウリー著)を読んでから、さらに、作家の当り年というものにも強い関心を抱くようになった。同い年の人びとが、それぞれに付き合いを交わしながら、時代の空気に影響を受けつつ、その世代に特有の面白い仕事を残して行く。そういう彼らの軌跡、丸ごとを、様ざまな国や時代の中で探し求めて行きたいと思っていた。━中略━ もちろん、幕末維新期に、のちの日本を代表する人びとが数多く生まれたという事実には、以前から気付いていた。特に文学者たちに多く。しかしそれは、ただ漠然と、夏目漱石や正岡子規、幸田露伴、尾崎紅葉といった人びとが同じ時期に生まれたのだな、と考えていたのにすぎない。まさか今名前をあげた人びとが、そろいもそろって、まったく同い年であるとは、思ってもいなかった。」と述べています。幕末維新期の群像の中で語られることによって、正岡子規のいろいろな要素が見えてきます。

もう1冊は『漱石の夏やすみ』(高橋俊男 ちくま文庫 780円)です。漱石が子規のために書いた『木屑録』の逐語訳、漱石自筆の写真版などが収録されています。漱石と子規の交流も描かれています。幕末維新期の文学青年は自作を仲間で読み合い、批評しあっていますが、漱石と子規も例外ではありません。その内容についての、高橋俊男の見解もさることながら、「正岡子規というのはどういうひとであったか。わたしが以前書いたものが(自分でいうのもへんだけれど)なかなか要領を得ているので、ここに引用しておく。」と前置きした一文があります。その明解さ、痛快さはなかなかだと思います。個性的で面白い副読本になると思います。漢文のレクチャーもありますし・・・。

著者は子規の英語力を評価し、高橋俊男は他のジャンルはともかく、子規の漢詩はそれほどでもないと評価しています。評価は基準がなくてはできないことですが、英語・中国語ともに漱石を基準にしていては話にならないと思っているようです。

また、〈鶏頭の十四五本もありぬべし〉から小西甚一の「ふしぎなことに、この句を絶賛した諸家は、なぜ名句なのかを全然説明しようとしない。たぶん宗教ふうインスピレイションのなせるわざらしく、文芸的経験に還元できる批評ではあるまい」を引き、「この句を含めて数多くの子規の俳句に対する称賛は、子規という人間に対する愛情と、子規の誠実さに対する信仰に基づくものであるということは疑う余地がない」と述べています。正岡子規に限らず、文芸作品を愛情と信仰のみで批評することの危うさを誰にもわかるように説いています。

「注」と「参考文献」も丁寧に読みたいところです。この評伝を多角的に読みこむことで、いろいろなことが見えてくると思います。正岡子規と真の対話をしたいと思うなら、『正岡子規全集』全22巻と暮らすくらいの覚悟が必要になると、明治23年のポートレートを見ながら思いました。
[PR]
# by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2012-09-18 10:17

大人のための俳句鑑賞読本

時代を生きた名句    高野ムツオ NHK出版    1200円

 これまでにさまざまな俳句鑑賞読本が刊行されていますが、今回とりあげる高野ムツオの鑑賞読本は3・11以降を生きる私たちへのメッセージであると思いました。

序章 「災禍を超えて」では仙台での震災体験とともに、〈寒昴たれも誰かのただひとり 照井翠〉〈孑孒に会いたるのみの帰宅かな 小原啄葉〉〈三月十日十一日も鳥帰る 金子兜太〉の三句を鑑賞し、つぎに阪神淡路大震災時の〈ただひとりにも波は来る花ゑんど 友岡子郷〉〈寒暁や神の一撃もて明くる 和田悟朗〉〈枯草の大孤独居士ここに居る 永田耕衣〉の三句、最後に敗戦、9・11、アメリカ軍のタリバン政権への攻撃に言及して、〈二千年終る閂真一文字 桂信子〉〈一九九九年極月にふはり居り 矢島渚男〉〈戦争がはじまる野菊たちの前 矢島渚男〉を鑑賞しています。

「俳句は瞬間を詠う詩です。その瞬間には、作句に至るまでの作者が生きてきた過程、生き方、さらには境遇や時代が反映されています。その時代や人生をさまざまな角度から鑑賞していくとき、十七音に湛えられた豊かな言葉の世界が現出していきます。前〈NHK俳句〉撰者の著者が名句205句を丹念に読み解きます」と帯で紹介されています。

三章の構成になっています。
〈第1章生と死のはざまで〉〈第2章 復興の道のり〉〈第3章 来し方行く末〉、それぞれ重いテーマですが、作家ひとりひとりの人生に寄り添う鑑賞に読み応えがあります。
[PR]
# by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2012-08-23 15:15

『荒凡夫 一茶』

荒凡夫 一茶      金子兜太   白水社 2000円

ブルーの帯に「芭蕉に冷淡、蕪村は相手にせず、とことん一茶を追い続けた巨匠が、自由人としての魅力を語りつくす」「青年期から一貫して自分を支配していたのは“自由人”への憧れでした。なかでも一茶の故郷・柏原と私の故郷・秩父が上武甲信の山続きであることが、よけいに親しみと懐かしさを呼び寄せました。そこでますます病みつきになったのです。山というものは、案外奥深いのです。━あとがき━より」と銘打ってあります。

昭和20年トラック島で敗戦・米軍の捕虜・帰国、ここまでの経緯は『わが戦後俳句史』岩波新書(1985年)に。帰国後まもなく、二人の先輩と秩父山中に入ることによって戦争体験が浄化され、「私は自然児と言われるほどに自然体で、ありのままで生きられる人間なのかな」とおのれをマッピングします。井上ひさし・小沢昭一・山田洋次を視座に置きつつ、人にも社会にも定番はなく「人間は流れている」と述べます。また、それは、無常、人間の世界は定めなきものといった詠嘆的なものではないとも述べています。『種田山頭火―漂白の俳人』(1974年)『小林一茶―〈漂鳥〉の俳人』(1980年)などを執筆しつつ、一茶との魂の交流を深めてゆきます。

「菰」の捉え方の違いから、一茶と芭蕉の精神性の違いをあざやかに浮かびあがらせているところなどに読み応えがあります。

本書には「荒凡夫」「生きもの感覚」「原郷」「定住漂白」「ふたりごころ」をはじめとした金子兜太哲学用語が多数ありますが、これらのキーワードの解説が魅力的です。

「私が子どものときに秩父で体験し、体に沁み込まされてしまった本当の人間と思えるような野生の人たちとともにある五七調の俳句を、私は〈民族詩〉と申します。」と欧米で俳句を学ぼうとしている人に解説しています。

「一方、子規についてはもっと調べてみたい思いがあります。一茶の影響を受けたはずの〈自由人〉子規の姿を、私自身の目で見極めてみたいのです。最後にこの思いを告白しておきましょう。」と締めくくっています。

戦時中、グラマンの機銃掃射を受け、すぐそばにいる人が亡くなるなどの過酷な体験をしています。命拾いした夜にだけ、秩父の山景が天井に浮かびあがったといいます。秩父郡皆野町の村社・椋神社を拝んで出征し、千人針の中に村社のお守りが縫いつけてあったそうです。「だから俺はいのち運が強い。守られているんだ」と述懐しています。90歳で顔面神経痛、91歳で類天疱瘡、92歳で初期癌、手術成功、その後に『荒凡夫 一茶』を刊行しました。戦後すぐに「自分がやることには村社がついていてくださる、だから成功か不成功は別として、倒れることはないだろう」と人生を踏みだしたと述べていますが、今も変わらず秩父の産土神に守られて生きていることを確信させてくれるのが本書です。
[PR]
# by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2012-08-09 10:18