読書録

nikkogekko.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『峡に忍ぶ』 秩父の女流俳人、馬場移公子 藤原書店3800円  中嶋鬼谷


本書は大きく分けると二部構成になっています。

序に代えて・・・峡に詠うープロローグ 金子兜太 

第一部 馬場移公子の作品

「馬酔木」に投句された作品、
第一句集『峡の音』・第二句集『峡の雲』(完全収録)
自選句及び晩年の百句(鬼谷抄出)・随筆

第二部 馬場移公子論
桂信子・楠本憲吉・福永耕二・野沢節子・林翔・ほんだゆきによる評論
〈座談会〉馬酔木作家論(抜粋・要約)堀口星眠・大島民郎・千代田葛彦・岡田貞峰・
古賀まり子・鳥越すみ子・澤田弦四郎・富岡掬池路・市村究一郎
馬場移公子追悼文集

跋に代えて・・・馬場移公子さん、やっとお逢い出来ました 黒田杏子

資料集・・・歳時記所収の移公子の俳句・馬場移公子年譜・参考文献

峡に忍ぶーエピローグ・・・・中嶋鬼谷


資料一切が網羅されていますので、秩父の女流俳人がどのようにして俳句と出会ったのか、第一句集・第二句集がどのようにして生まれていったのか・・・などなどいろいろな角度から読み深めることができます。

著者の中嶋鬼谷は

「『忍ぶ』とは、『耐える』という受け身の消極的な生き方ではない。また『隠栖』とも違う。『忍ぶ』とは俳人にとって、詩魂を、命を育むように懐深く抱いて生きること、無欲無私に至ろうとして心を砕いて生きること、心を透明にし、遥かなものに思いを馳せて生きることである」

と結んでいます。
[PR]
by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2013-12-29 17:06