読書録

nikkogekko.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大人のための俳句鑑賞読本

時代を生きた名句    高野ムツオ NHK出版    1200円

 これまでにさまざまな俳句鑑賞読本が刊行されていますが、今回とりあげる高野ムツオの鑑賞読本は3・11以降を生きる私たちへのメッセージであると思いました。

序章 「災禍を超えて」では仙台での震災体験とともに、〈寒昴たれも誰かのただひとり 照井翠〉〈孑孒に会いたるのみの帰宅かな 小原啄葉〉〈三月十日十一日も鳥帰る 金子兜太〉の三句を鑑賞し、つぎに阪神淡路大震災時の〈ただひとりにも波は来る花ゑんど 友岡子郷〉〈寒暁や神の一撃もて明くる 和田悟朗〉〈枯草の大孤独居士ここに居る 永田耕衣〉の三句、最後に敗戦、9・11、アメリカ軍のタリバン政権への攻撃に言及して、〈二千年終る閂真一文字 桂信子〉〈一九九九年極月にふはり居り 矢島渚男〉〈戦争がはじまる野菊たちの前 矢島渚男〉を鑑賞しています。

「俳句は瞬間を詠う詩です。その瞬間には、作句に至るまでの作者が生きてきた過程、生き方、さらには境遇や時代が反映されています。その時代や人生をさまざまな角度から鑑賞していくとき、十七音に湛えられた豊かな言葉の世界が現出していきます。前〈NHK俳句〉撰者の著者が名句205句を丹念に読み解きます」と帯で紹介されています。

三章の構成になっています。
〈第1章生と死のはざまで〉〈第2章 復興の道のり〉〈第3章 来し方行く末〉、それぞれ重いテーマですが、作家ひとりひとりの人生に寄り添う鑑賞に読み応えがあります。
[PR]
by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2012-08-23 15:15

『荒凡夫 一茶』

荒凡夫 一茶      金子兜太   白水社 2000円

ブルーの帯に「芭蕉に冷淡、蕪村は相手にせず、とことん一茶を追い続けた巨匠が、自由人としての魅力を語りつくす」「青年期から一貫して自分を支配していたのは“自由人”への憧れでした。なかでも一茶の故郷・柏原と私の故郷・秩父が上武甲信の山続きであることが、よけいに親しみと懐かしさを呼び寄せました。そこでますます病みつきになったのです。山というものは、案外奥深いのです。━あとがき━より」と銘打ってあります。

昭和20年トラック島で敗戦・米軍の捕虜・帰国、ここまでの経緯は『わが戦後俳句史』岩波新書(1985年)に。帰国後まもなく、二人の先輩と秩父山中に入ることによって戦争体験が浄化され、「私は自然児と言われるほどに自然体で、ありのままで生きられる人間なのかな」とおのれをマッピングします。井上ひさし・小沢昭一・山田洋次を視座に置きつつ、人にも社会にも定番はなく「人間は流れている」と述べます。また、それは、無常、人間の世界は定めなきものといった詠嘆的なものではないとも述べています。『種田山頭火―漂白の俳人』(1974年)『小林一茶―〈漂鳥〉の俳人』(1980年)などを執筆しつつ、一茶との魂の交流を深めてゆきます。

「菰」の捉え方の違いから、一茶と芭蕉の精神性の違いをあざやかに浮かびあがらせているところなどに読み応えがあります。

本書には「荒凡夫」「生きもの感覚」「原郷」「定住漂白」「ふたりごころ」をはじめとした金子兜太哲学用語が多数ありますが、これらのキーワードの解説が魅力的です。

「私が子どものときに秩父で体験し、体に沁み込まされてしまった本当の人間と思えるような野生の人たちとともにある五七調の俳句を、私は〈民族詩〉と申します。」と欧米で俳句を学ぼうとしている人に解説しています。

「一方、子規についてはもっと調べてみたい思いがあります。一茶の影響を受けたはずの〈自由人〉子規の姿を、私自身の目で見極めてみたいのです。最後にこの思いを告白しておきましょう。」と締めくくっています。

戦時中、グラマンの機銃掃射を受け、すぐそばにいる人が亡くなるなどの過酷な体験をしています。命拾いした夜にだけ、秩父の山景が天井に浮かびあがったといいます。秩父郡皆野町の村社・椋神社を拝んで出征し、千人針の中に村社のお守りが縫いつけてあったそうです。「だから俺はいのち運が強い。守られているんだ」と述懐しています。90歳で顔面神経痛、91歳で類天疱瘡、92歳で初期癌、手術成功、その後に『荒凡夫 一茶』を刊行しました。戦後すぐに「自分がやることには村社がついていてくださる、だから成功か不成功は別として、倒れることはないだろう」と人生を踏みだしたと述べていますが、今も変わらず秩父の産土神に守られて生きていることを確信させてくれるのが本書です。
[PR]
by m4s1o3u6e2n9t1n7y | 2012-08-09 10:18